着物日記 霜月編

 

下半期特別企画 

20回の授業(1回1,000円 90分)で自装と他装ができるようになります。

20回も授業を続けられるか心配な方には、ご用意不要の着付け体験

カリキュラム詳細は こちら

 

 

さて、先日の講師陣の着物姿をさらりとご紹介

 

 

40年前の帯とのことで、確かに色使いにレトロな雰囲気が感じられます。

明るい色で少し派手かも?と思ったそうですが、黒い大島紬との相性はばっちり。

生徒さんからも好評というのにも納得!

 

 

 

 

いつも同じ写真の撮り方なので趣向を凝らしてみたい、とお願いすると気さくにポーズをとってくれた先生。

コントラポストなポージング。帯は秋の草花で、着物は彼岸花。ちらりと見える帯揚げの紅色が綺麗。

 

 

 

 

こちらの先生には、襦袢の濃いローズカラーが綺麗だったので見せてくださいとお願いしたため、少々無理のあるポージング。

半衿を白にせず淡いピンクで肌馴染みのいいカラー

記事一覧へ戻る