カテゴリー: 静岡校

花嫁着付け講習

untitled untitled untitled untitled

 

高等師範科の教程の中に、花嫁の着せ付けがあります。今日は、師範科の生徒さんが集まり、先生が着せ付けをするところを見て勉強をしました。最後の帯結び、打掛を掛けるところを実際に体験してみました。一度で覚えるのはとても大変でした。「緊張しましたが、よい体験でした」と、生徒さんの声でした。

 

 

テーブルマナー

DSCN0381DSCN0376DSCN0380DSCN0397

 

高等師範科の教科の中にテーブルマナーの章があります。今回は和食のマナーを教えていただきました。

箸の持ち方、蓋の取り方、食べていく順番、普段何も考えず箸を持っていったり、食べたりしているけれど、マナーを聞きながら食べるのは緊張しました。教えていただいたことを機会がある時には思い出し、活用できるようにしたいです

 

伝統工芸士

untitleduntitleduntitled

 

伝統工芸士の堀省平先生がいらして、実演をしてくださいました。色紙にのりで松を描き乾いてから金箔をのせ金彩の手法を見せて下さいましたが、本当は、この手法を着物、帯にフリーハンドで細かく描くのですが、「布に描くときは息ができないくらい緊張する」とおっしゃてました。右の帯の絵柄は、イギリス王室の800年前の文様をデザインしたものだそうです。とても優しく綺麗でした。

お稽古始まりました

新しい年が明けました。学院も今日からスタートです。

お正月着物を着られましたか?静岡では3日に成人式があり、振り袖姿が沢山見られました。生徒さんの中で娘さんに着せてあげた方がいたのでしょうか?いらしたらどんなだったか教えて下さいね。

年末年始お休み

29日から4日まで学院はお休みです。

お正月ぜひ、練習成果をを発揮して、お年始回り、初詣にお着物を着て、お出かけください。

 

来年も良い年となりますように。

千地泰弘の世界

                                 untitled

 

                        untitled           untitled

 

三年半ぶりに静岡に先生が来て下さいました。

ロスでのファッションショー(花魁道中)の雪持ち柄の打掛を持って来ていただきました。またイタリアプッチーニ財団の展覧会に日本の四季、春・夏・秋・冬をテーマで描かれた着物のうち、冬の金閣寺を見せていただきました。この雪の蛍ぼかしをだすのに、一年半かかったそうです。すごいですね。

 

バス旅行

untitled untitled untitled untitled untitled untitled untitled

 

山梨県の河口湖湖畔の紅葉と、産地見学ということで、久保田一竹の辻が花の着物、大石紬を見に行きました。お天気も良く富士山もとても綺麗でした。紅葉をめでながら、染と、織りの勉強もできました。朝早くから着物を着てお出かけ、大変だったですが、観光に来ていた人達から注目をあびました。さすが着付け学院のせいとさんです。嬉しかったですね。

友禅染体験

untitled 

 

友禅染の中の無線友禅を体験しました。

生徒さん一人一人が一葉ずつ色を付けました。出来上がったらテーブルクロスが出来上がるそうです。学院のテーブルにおくので、見てください。

芸妓の踊り鑑賞会

untitled untitled untitled untitled untitled untitled

 

市の主催の芸妓さんの踊り鑑賞会に生徒さん、OBさんと行ってきました。お食事をした後、芸妓さんの踊り、半玉さん(一人前になる前の芸妓)さんの踊りを見せていただきました。その後芸妓遊びを楽しみました。お料理もおいしかったです。(待月楼)

 

お稽古はじめました

着物の事何も知らないまま、お稽古がスタートした一回目でした。三回目ぐらいたった時、生徒さん、「きつくないし、楽に着れて、これならやっていける自信がついた」とおしゃってくださいました。

嬉しいですね!これからも頑張ってもらい、おでかけできるようしてあげたいです。