カテゴリー: 静岡校

年末年始

27日から1月4日までお休みです。 

一年どんな年でしたでしょうか?お正月には、お稽古した成果を見せるのに良い機会です。お年始、初詣にお着物着て下さい。

来年また一緒にがんばっていきましょう。皆様良いお年をお迎えください。

花嫁 講習

高等師範科の授業の中に花嫁の着付けの章があり、講習を受けました。初めに、学院長より講義を受け、実技に入りました。二人ペアーになって着付けをしていきます。なかなか、力もいって、大変。難しさもわかりました。

 

   

   

 

認定式

11月20日認定式を行いました。朝雨が降っていて、心配しましたが、時間どうり始めることができ、一人一人会長と学院長から認定証をいただきました。

 

 untitled   untitleduntitled

 

 

 認定式の後、パーティーが開かれました。卒業生の方の踊りの披露。

 

untitled

 

 

先生たちの帯結びショウ-、高等師範科の方の創作帯結び披露。

 

untitled  untitled  untitled

 untitled  untitled  untitled

 

最後にビンゴゲームをして、楽しいひとときを過ごしていただきました。

  帰りには雨も上がり良かったです。

 

 

お稽古

生徒さんの言葉。仕事、子育てで忙しい中のお稽古です。「でも自分の都合で日にちも決められ、子供の都合で日変しても変えてもらえて、まだ2、3回ですが、すご~く楽しいです。」と言葉をいただきました。

私たちも楽しく授業を進め、綺麗に来てお出かけできるよう、お手伝いしたいとおもいます。

七五三

11月に入り、各地で七五三のお祝いしている姿が見られるようになりました。 

七五三の由来は、子を思う親の気持ちを形にした神聖な儀式です。もともと宮中や公家、武家で行われていた行事で、明治時代、七五三と呼ばれるようになったそうです。

3歳は、男女とも髪を伸ばし始める「髪置きの儀」

5歳は、男の子が初めて袴をつける「袴の儀」

7歳は、女の子が付紐を取り帯を使い始める「帯解(帯祝い)の儀」 が由来だそうです。

袷の着物

10月に入り着物が袷になりました。だんだん気候も涼しくなって着物を着るのにも良い季節なってきました。

イベントも多くなりますが、普段にも気軽にきてほしいですね。

衣更え

朝晩急に涼しくなりました。皆様体調はいかがですか?

9月になりましたので、夏の薄物の着物から単衣の着物に衣更えです。

着物は勿論、帯、半襟、帯締め、帯揚げも季節に合ったものを。冬に向かっていくので、冬用を用意しましょう。

夏休み

毎日気温が高く身体がついていくのが大変ですね。

学院は8月11日~16日夏休みです。皆さんもお休みの方が多いと思います。

ご家族と楽しい思い出を作って下さい。怪我の無いよう、体調に気をつけて17日お会いしましょう。

ビアパーティー

7月23日ビアパーティーを開催しました。

午前中雨が降り心配しましたが、生徒さんがいらっしゃる頃には上がり良かったです。

 

untitled   untitled

 

一部では、生徒さんが、「おてもやん」を踊って下さり、先生達で、銀座、角だしの帯結びを披露しました。

 

untitled  untitled

 

untitled   untitled

 

 

二部では、恒例になりました。森一馬ミニコンサート。

生徒さんの知っている唄を沢山歌って下さり好評で、盛り上がりました。

 

untitled   untitled

 

日本伝統織物

京都より岡島先生が紬の事を語って下さいました。45年間織元の方々とかかわって、その思いを語ってくださいました。名前ぐらいは知っていたのだけれど、本当はもっと深い謂れがあったことだったり。勉強になりました。

untitled

 

今では、博物館にあっても、おかしくない

 都喜工門(大島紬)宮古上布 厚司織り(北海道)

untitled untitled untitled

 

沖縄、福岡、東京、山形、新潟、各地の伝統織物が沢山見てさわって勉強しました。素材によって、 それぞれ手触り、肌触りが違うのがわかりました。

untitled untitled untitled

  

untitled untitled untitled untitleduntitled untitled untitled